ひとときと/バーバリアン・ブックス

ひとときから歩いていけるすてきな場所を不定期でご紹介する「ひとときと」


第一回目はもちろんこのお店!

「バーバリアンブックス(Institute of Barbarian Books)」




ひとときから徒歩5分。

「五十嵐呉服店」と書かれたレトロな看板がすてきなお店。

そこがバーバリアン・ブックスです。


お店のオーナーは、なんとニューヨーク!! から西会津に移住してきた、

楢崎萌々恵ちゃんとウィリアム・シャムくんのお二人。


ふたりは普段、Studio ITWST (スタジオ アイツイスト)というクリエイティブユニットとして活動していて、町のお母さんたちがつくる加工品のパッケージやチラシのデザインをすてきに生まれ変わらせたり、あのクリープパイプの尾崎くんの自著「苦汁200%」の表紙イラストも手掛けています。


お二人が営むバーバリアン・ブックスの店内は小さな図書館や寄付・持ち寄り制のカフェがあり、お茶を飲んだり、ノマドワーカーにはうれしいワーキングスペースとしても利用できるそうです?




今後はバーバリアン・ブックスでのワークショップを開催していくそうなので、これからの展開も楽しみ!!


5月19日・20日に開催するWS(満員御礼!)


お店は金曜日~火曜日の10:00~17:00(水曜日・木曜日定休)でオープンしていますが、展示会などでふたりがいないこともあるので、お問合せしてからいくといいかもしれません。



お散歩にもちょうどいい距離にあるバーバリアン・ブックス!

ひとときにお越しの際はぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか?



「バーバリアンブックス(Institute of Barbarian Books)」

〒969-4512

福島県耶麻郡西会津町上野尻上沖ノ原2518-3

電話: 080-4684-0130

Eメール: info@barbarianbooks.institute

ゲストハウス ひととき

江戸時代、越後街道の宿場町としてにぎわった上野尻地区の空き家を オーナー夫婦と仲間たちでセルフリノベーションして生まれたのがゲストハウス「ひととき」です。 もっと気軽に、友人の家にくるようにふくしまに遊びにこれる場所をつくりたい。 そんな夫婦ふたりの想いから、「ひととき」の計画ははじまりました。 2018年5月12日オープンです。