「ひととき」というなまえ

 ゲストハウスだけじゃなく、お店や会社の名前をきめるときってどきどきしませんか? 




 これからずっとお付き合いしていくなまえになるし、 自分がやりたいことの想いも伝えたいし、その名前をみただけで場所だったり 商品だったりがこうぱあっと目に浮かぶようになればいいなとか。

わたしもゲストハウスの名前の候補はいくつかできていたのですが、あと一歩、

お料理でいうと何かのスパイスがたりないようなぼんやりとした状態で止まってしまっていました。



そんなとき、島根から友人がゲストハウスの設計をするために来てくれました 。

わたしが東京で暮らしていたときに出会ってから、もう5年来の付き合いになる友人が

忙しいスケジュールの合間をぬって我が家のために時間を割いてきてくれたことが

とてもうれしかったのをいまでも覚えています。

 その「ひと」のかけがいのない「とき」をいただいて、 自分の夢をかなえてもらってるんだなあと彼がかえったあとにふと頭をよぎって、

そのあと私は彼宛に、 


「ゲストハウスの名前、「ひととき」にしようとおもう」



 という手紙を送っていました。

考えるのは長いけど、決まるのは一瞬ってこのことですね。




 ゲストハウスで過ごす時間は人生のほんの一瞬のできごとです。 

だからこそ、泊まりにきてくれたゲストとの「ひととき」を大切にもちろん楽しんでもらえるような宿にしたい。 そんな思いをこの名前にこめることにしました。



 「ひととき」は人と時をつむぐ宿。 



 どんな「とき」が刻まれていくかはこれからのお楽しみ。 



2017.12.27 Yuko.S

ゲストハウス ひととき

江戸時代、越後街道の宿場町としてにぎわった上野尻地区の空き家を オーナー夫婦と仲間たちでセルフリノベーションして生まれたのがゲストハウス「ひととき」です。 もっと気軽に、友人の家にくるようにふくしまに遊びにこれる場所をつくりたい。 そんな夫婦ふたりの想いから、「ひととき」の計画ははじまりました。 2018年5月12日オープンです。